Art Libraries' Consortium


美術図書館連絡会(ALC)について

美術図書館連絡会(ALC: Art Libraries' Consortium)は、美術分野における情報資源を共有し調査研究の推進を図ることを目的に結成された美術図書館のコンソーシアムです。2007年6月、 第1回野上紘子記念アート・ドキュメンテーション学会推進賞 を受賞しました。


活動内容

(1) 書誌情報の提供と共有
 加盟館の蔵書を横断的に検索できる美術図書館横断検索システムを公開しています。

(2) 展覧会カタログ等の即時寄贈プログラムの実施
 加盟館が発行した展覧会カタログ等をできる限り速やかに(展覧会期間中に)他の加盟図書館に寄贈します。

   (各館の収集対象)   

       

神奈川県立近代美術館

   

美術全般

 

国立新美術館

 

美術全般

 

国立西洋美術館

 

20世紀前半までの西洋美術全般

 

東京国立近代美術館

 

美術全般

 

東京国立博物館

 

美術全般

 

東京都江戸東京博物館

 

美術全般

 

東京都現代美術館

 

美術全般

 

東京都写真美術館

 

写真全般

 

横浜美術館

 

美術全般


加盟館

神奈川県立近代美術館
    美術図書室
国立新美術館
    アートライブラリー
国立西洋美術館
    研究資料センター
東京国立近代美術館
    アートライブラリ工芸館図書閲覧室フィルムセンター図書室
東京国立博物館
    資料館
東京都江戸東京博物館
    図書室
東京都現代美術館
    美術図書室
東京都写真美術館
    図書室
横浜美術館
    美術情報センター
                *50音順、2014年4月1日現在


美術図書館連絡会加盟要件

(1) 美術分野の資料を重点的に収集していること。
(2) OPAC(オンライン図書検索システム)がインターネットに公開されていること。
(3) 横断検索システムで検索しヒットした資料へのアクセスが保証されていること。
    ・資料の閲覧環境が整えられていること。
    ・必ずしも定時の開室でなくともよい。予約閲覧でも可。
(4) 学術情報センター目録所在情報サービス(NACSIS-CAT)等に準ずる書誌情報の精確さが維持されていることが望ましい。
(5) ALC参加のための初期および保守費用が確保されていること。
(6) 展覧会カタログ等の即時寄贈プログラムに参加することが望ましい。

 * 美術図書館連絡会加盟に関する問い合わせ先
    メール送信フォーム


LMCについて
  Copyright (c) 2004- Art Libraries' Consortium, All rights reserved.
Designed by Satoshi Inoue